解説10「重森三玲庭園美術館」

平安神宮の北、京都大学の百万遍キャンパスのすこし南。
吉田山という小高い緑の西側に、重森三玲庭園美術館はあります。

e0392770_10553119.jpg

庭園研究者で作庭家でもあった重森三玲氏(1896-1975)の住居であった場所を、お孫さんの重森三明さんが館長となって、美術館として公開されています。完全予約制ですが、それほど混み合うこともなくゆっくりと説明をして頂きながら鑑賞ができます。

ここは本当に素晴らしい場所ですので、庭や建築の好きな方なら一度は訪れて頂きたいと思います。

e0392770_10542163.jpg

建築は近くの吉田神社の社家であったものを三玲氏が譲り受けたものとのこと。氏によって書院前庭、茶庭、茶室が新たに造られ、書院内部のデザインにも斬新なものがあります。

e0392770_10575477.jpg
e0392770_10543405.jpg



by pro_kawashima | 2018-03-21 11:00 | 庭の解説

素晴らしい京都の庭園。プロのガーデンデザイナーがガイドします。1日1組限定。お1人様でも大丈夫です。京都の庭をより深くじっくりと味わいたい方向け企画です。各プランに設定期間がありますのでご注意下さい。お早めのお問い合わせとお申し込みをお願いします。こちらのメールまで。juka@d2.dion.ne.jp リンクフリーです!


by pro_kawashima